地元農家から「たけのこ」
たけのこの上手なゆで方

●たけのこのゆで方

○ 用意するもの

・たけのこ 2~3本
・米ぬか 1カップ
・大きめの鍋
・皿(落し蓋用)


○ たけのこの準備

たけのこは水でよく洗って土やゴミを取り除く。穂先を斜めに3cmほど切り落とす。
このとき、かなり力がいるのでタケノコをしっかり押さえて切る。
注意※ タケノコを切るときに、ころがるので注意して下さい。

皮に包丁で、縦に1本切れ目をいれる。火が通りやすく、ゆで上がった後、皮がむきやすい。
外側の皮をあらかじめ2~3枚むいておくと、ゆで時間がかなり違います。

 

たけのこをゆでます

タケノコがゆったりと入る大きさの鍋に、
タケノコとタケノコがかぶるぐらいの水を入れ、米ぬかを加える。

強火にかけ、煮立ったらクツクツ静かに煮立つ程度まで火を弱め、
鍋の口径よりひとまわり小さい皿を落としぶたにして40分~1時間ほどゆでる。

途中水が減ったら、タケノコがかぶるくらいまで水をたす。

タケノコの根元のほうに竹串を刺して、ゆでぐあいを確認する。
竹串がスーッと通るくらいになったらゆで上がり。
火を止めて、ゆで汁につけたままさます。
ゆっくりとさますことで、えぐみを解消できます。


○ 出来上がり

完全にさめたら、タケノコを取り出してぬかを洗い流す。
穂先の柔らかい皮(姫皮)は残して、切れ目から皮をむきます。

たけのこのゆで方はこれでおわりです。

○ 保存について

ゆでたたけのこが入る大き目ののボールなどに水をいれ、
その中にたけのこを入れ冷蔵庫などで保存すると1週間くらい大丈夫です。
ただし、水はこまめに新鮮な水に入れ替えてください。
これで毎日でも、ちがったたけのこ料理を楽しんで頂けます。